安定した天気が続いてくれているので限られた時間を見つけては親株の整理をしたり種子付けをしています。
新しい花を創り出すためにはとても大切な作業です。ミツバチのように花と花を繋いで花粉を付けて今までにない、今まで以上の花を生み出す。

2013年に交配したものを今年は選抜しています。
僕にとってはやっと2、3世代目くらい(15年)の我が子のようならしさのある花が咲き始め。
ちょっとずつ想い描いていたことの表情を覗かせてくれるようになってきました。

花弁が細くて一茎に4~5輪しか咲かなかった昔、今は10輪以上咲くものも多くなりまるでユリや梅の花のようなふくよかな花形も出来てきました。長さも40cmが60cm平均くらいに成長、長いもので80cm。

渋い色合いの花も続々と出始め10年後くらいにはたくさん出荷できるようになるかな~
早くお披露目したい焦る気持ちを押さえつつも少しずつ前に進めています。
何も考えずにお花と戯れていたい、なんて思ってしまう瞬間が多々、不安に押し潰されそうな日々
でも限られた中だからこそ、必死に考えて生み出す力にもなるんだろうと。

時間が欲しい
場所が欲しい
安定した天気も(苦笑)
 
 
【ダイヤモンドリリー専門チャンネル】
世界有数のダイヤモンドリリーを保有する横山園芸が、栽培のコツなどを詳しく解説しています。
https://www.youtube.com/channel/UCdbcjpxybuvClqa7NPYI-eg