少年よ大志を抱け
僕の大好きな言葉である

毎日自分自身にチャレンジ

夜明けより前に起きる(4時にアラーム)
⇒愛犬の散歩ついでにランニング(目覚まし)
⇒農場で植物のチェック仕事の段取り
⇒本や図鑑を見直して調べもの勉強と読書
⇒朝ごはん
⇒通常業務仕事

できる限りの年間を通してやっているが
飲み会がないと本当にはかどるな~(笑)
こんな時こそ、モリモリ勉強、バリバリ仕事

やることがあるのは幸せです

今だから出来ることを全力で
一秒も無駄してはいけないと自分に言い聞かせ
限られた時間を一生懸命過ごす

全身で全力で植物と向き合い
将来の自分を見つめて準備をしています

ダイヤモンドリリーもここ数日の暑さで
だいぶ葉っぱが黄色くなってきました

だけどまだまだ水やり管理は終わらない

休眠に向けて最後の調整準備
この管理が後の成長にも大きな違いが出ます

そんな夏枯れに向かうなかクリスパリリー系
奇跡的に一輪花が咲き始めました

夏日を越える中、涼しげな可愛らしい花が一輪

偶然か奇跡か安定か・・・
5~6万ある球根の中でたった一本
ワクワクさせてくれる一輪

そして3月に咲いた新種のクリスパリリーは
種子が熟してきたので収穫、種子まき

こんな時期にこんな作業をするなんて
世界中の園芸研究者はビックリするだろう!!

知る人ぞ知るマイナーな植物で驚くような
お花ではないかもしれませんが(苦笑)
実は画期的なことなんです
(桜が真夏に咲くようなものです)

撒かない種子は芽が出ない

出た芽をじっくりと観察すると
一本の光の筋、又は蜘蛛の糸のような
変異をチラリと見せることがある
突然変異と言うのは1~10万分の1と言われる

その偶然や奇跡にどれだけ敏感に反応できるか
気が付くかが新しい品種改良のカギとなる

植物を育てる上で大切なこと

知識、技術、感性、目標、アイディア

机上の空論だけではなく
やはり現場を愚か(疎か)にしてはいけない
そして常にアンテナはビンビンに立てる

若者よ

食わず嫌いをせずに何でも興味をもって
色々なことに挑戦して学んで自分のものにしろ

大学進学出来なかった僕が言う

その後にその分の勉強をすればいい

人生一生懸命やったことの遠回りは財産だ
いつ花開くかなんて誰もわからない

必要な無駄ほど楽しいことはない

お金がなくても学ぶ方法は沢山ある
浪人も出来ないくらいお金がなかった僕が言う

絶対に結果は出ると信じて

20年たってやっと咲いたこの花をみて
感じて欲しい

焦らず
流されず
強い確固たる芯をもって
植物の可能性は無限大だ
人間の想像を遥かに超える可能性を持っている
答えがない
終わりがないから
楽しいんだ
園芸の世界の明るい未来は絶対にある

お花は嗜好品ではなく
必需品だ

一緒に夢を見ようぜ!
チカラコブ


カテゴリー: new